スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルセデス 190E パノラマワイパー O/H

190Evo パノラマワイパー修理(久々の同作業) でAssy ごっそり脱着



やはり ワイパーギヤ 崩壊 
DSC_6570_075.jpg


みょうな動きのリンク系 赤マークガイドプレート磨耗+ベアリング潤滑不良

でフリクション増加に ワイパーギヤに 過大負担が 耐えられず崩壊
DSC_6573_075.jpg

洗浄 画像以外のロッド・ジョイント他 シリコングリスアップ & ネバーシードで潤滑 
DSC_6575_075.jpg

国内でAL製もあるみたいですが
DSC_6572_075.jpg

純正部品 高額Assy供給で 部分パーツ 供給無し 

Bosch・Used パーツで何とか補修 出来ました


スポンサーサイト

Morgan +4 チェック

1974y Morgan+4 いい感じに やれてるオリジナル車 50800km 



排ガス怪しく & キャブレターのガスリーク を 対処です
DSC_6500.jpg


とりあえずの Weber 32/38D6V 2バレルキャブレター 分解チェック
DSC_6511.jpg
DSC_6513.jpg

やはり スチール網だけのフィルター? に因る汚れスラッジで 少オーバーフロー
DSC_6514.jpg
在庫の P/K・Oリング・ポンプ-ダイヤフラム 見つかったんで 組付完了です。

久々??の ヒストリック

コンタクトポイント交換 点火時期調整 ついでにコンプレッション測定

しましたら 4気筒とも揃ってて 11k!
DSC_6517.jpg
検査官 ビックリの ガス値 CO・HC 48年規制の下限値以下!!

もちろんキャタ無です スムースに検パス 

あとの課題は 古そうで残溝2mm以下磨耗の Michelin 155r15 高いし 悩んでます。


スズキ カプチーノ EA11R F6A

DSC_6464.jpg

オイルリーク過大 修理で入庫 1993y 60000km ワンオーナー車



定番の細いOリングだけのカムホルダーより リークしてます
DSC_6415.jpg

ヘッドガスケットも・・・排気側 周りはオイルダスト積層状態
DSC_6418_065.jpg


オーナー様 やはり全O/H依頼との事で E/G ヘッド-レスで上から摘出

普通?はメンバー・サスごと 下に降ろします
DSC_6436_065.jpg

洗浄後の画像ですが エアーフィルター詰まりもあって燃焼室濃ガスでカーボンどっちゃり
DSC_6423.jpg

シリンダーはホーニング目も残り 測定ほぼ磨耗無 リングだけ交換
DSC_6425_055.jpg

これも洗浄後の画像ですがオイルクーラー部 オイルリーク有り 
DSC_6442.jpg

タービン・キャタ周辺のガスケット(純正でスチール製に変更されてる)も面取後 交換
DSC_6470.jpg

オルタネータ少し音が出てたのでO/H ペイント
DSC_6472.jpg


カムホルダー乗ってませんが、ひととうり完了 ボアアップ!・F100kitプランもありましたが

トップエンドパワー・大径ターボ追求では無く、スムース?NAフィーリング?にEGRも残し・・・
DSC_6475.jpg

上から積載は超タイトクリアランスで一人作業では困惑 しかしワンマンですから慎重に
DSC_6481.jpg


これまた課題のブレーキO/H 
DSC_6484.jpg

フロントはまだしも 車検時パーキング制動不良のリヤキャリパー
DSC_6487.jpg


スピンドル他可動部のスムース化・戻り不良対策入念にし 

坂道でちゃんと停止になりました。
DSC_6492.jpg



FORD Sierra Cosworth RS

定期メンテナンス-車検 ですが 少不安?



いざ陸事へ 

DSC_6400_078.jpg
①ロングホイールナット内・残溝有り過ぎを指摘され...... 見忘れてました

②やはり排ガス HC 過多・・COも・・X

③検査官 数度試させてくれたんですがPブレーキ制動不足!?・・X

④H10年以前車の旧車? 相変わらずHIビーム検査 LOWは良好ですが・・X 

すごすご Uターンの顛末......ユーザー様メンテナンス......

気をとりなおし ひっちゃきに見直しCPUキャタ 仮交換・・と・・ブレーキ対策を

Hナット交換 等々 何とか自信?を持って ひやひや.....少不安....も 明日に! 

DSC_6411_095.jpg
迫力!の RS500もちょっと首?傾げてますが.....  うそ!.....

DSC_6434_080.jpg
合法的に完了 やっと快調快適 に帰宅 人車 共に 安堵しております

来週も Sierra-sapphire で 陸事へ・・・・・



・・・・その後 海の外へ!売却されてしまいました!! ガックリ↓↓


ブラスト機 修理

カナダ BLAST-VAC製 1986yに購入し 30年間ノントラブルでしたが 過労?で休憩

停止してしまったので 

いつもの様に全分解(積層のファン構造部 かしめ組付で分解考慮されてない・・

何とかバラすが積層ファンプレートばらばらに) まずモーター 前後のベアリングがダストに

より焼付固着 カーボンブラシもダストゴミまみれで異常磨耗 ・チビッテ しまった。

全ての原因は大型のエアフィルターに増積のダストでモーター部にダスト侵入!メンテ不足!!



当時の輸入業者はさすがに30年前の機械で現在不取扱!だって 当然補修部品も無!

とりあえずミニベアリングやっと抜-品番確認 規格品が在った。 チビたカーボンブラシは

寸法大きいが削ればいけそうな汎用品探し 長さ不足のリード線もハンダ付で延長 対処
DSC_6394_066.jpg

課題の積層ファンプレートも組合せを数度組み直OK 製造廃品エアーフィルターも水洗し完了
DSC_6396_075.jpg

超元気になり また暫く働いて頂きます



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。