FC2ブログ

MASERATI Ghibil S

ウチの工場では Porsche Cayenne 共々 キャパ ぎりぎり


DSC_7532.jpg
DSC_7531.jpg
Width 2000mm Weight 2000kg です

まあ リフトは上がります  で メンテナンス実施


スポンサーサイト

タペット カバー整備

たまたま 4台 カムカバーパッキン劣化による オイルリーク整備

10万キロ オーバーのスズキK6 2台

DSC_7320.jpg

10万キロ オーバーのスズキM15A
DSC_7337.jpg

皆 一様に硬化で パリパリ プラグホールもオイル満杯
DSC_7340.jpg

VW AVY

DSC_7341.jpg
分解画像 亡失? 

全車 スロットルボディも ブローバイによるスラッジ汚れで洗浄も

内外車 全車 ブローバイガス弊害 は顕著ですね
DSC_7345.jpg
下に居る Audi S-1 は Elise と乗り換えで 2万kmで売却です。


DATSUN SR311 全塗装

1969年 SR311 12年前に 車検切れで 一時抹消 後 保管です。

U20エンジンは 数年前 O/H 時々車庫内で 油廻す為に走って?ました。


錆・腐食は無しですが さすがに塗面に ブリスターが目立ってきてましたので

全塗装 開始です

DSC_0354.jpg
DSC_0358.jpg

で  純正色:# 664 Red 1,5年ぶりに 塗装完了し帰ってきました 

DSC_7165.jpg

多々 大幅に外した部品を 捜しながら?洗浄・磨き(大幅に時間かかりそう) 

しながら 組付けていきます。

とりあえず U20は 起床させ 工場内で試乗!クラッチ張付もなく 快調。






Jimny SJ30 修復スタート

1984年 SJ30 2ストローク での最終モデル車 一見錆色で艶無し けっこうボロ!

よくよく見たら ストライプ含め 34年前のオリジナルペイント! で パーツもほぼ無改造で

OP’?クーラーも生きてます

 ・・・モトコンポは裸で日向ぼっこ?

長年生きて来て、こんだけオリジナル度高く 車室内は錆/腐食 無しであれば修復価値 有り?で

リファイン 決定

DSC_7062.jpgDSC_7060.jpg
DSC_7061.jpg
DSC_7147.jpg
長年のダストで よく見えなかった? LJ50 エンジンを ケルシャーで数回攻撃にて露見し

多々分解調整で最高速40Km/h? から 75km/h! にまで回復 油煙ポン々快音で快調

移動可能状態ギリギリまで 分解し 塗装屋さんへ持ってきます


KPGC10 GTR タイヤ

FISCO での GT-R ミーティング(写真撮影?) 際してのタイヤ選択 依頼です。
DSC_7118.jpg

多々悩み 今まで装着の Hiグリップ系&サイズでは 車体・駆動系 車:全体に厳しい
DSC_7115.jpg

軽量で弱キックバック思考で Toyo T1R に ホイールが巾広 ですので なるべく細く?と 195/225 に
DSC_7116.jpg


序に 気休め?ですが プロップシャフト・スプラインの洗浄 グリス入替 実施
DSC_7113.jpg
ドライブシャフトのグリス入替も とみたのですが ニップル取付巾 狭く 断念

次回 スパイダージョイント自体も 交換してあげたいですね