FC2ブログ

BMW 2002Tii  & 20VALVE

たまたま 02Tii の2台

両車共通の? HC過剰 2000ppm!!+ インジェクションと点火(ポイントですけど) 

調整にて600ppm前後に 成ってくれました。



両車 共 ステアリングリンケージ・ロッドエンド ガタ有り 

DSC_7543.jpg

一台は 左テールランプ内 電球差込部 焼け爛れ! て 不灯修理
DSC_7539.jpg


-----------------------------------------------------------------------------------------


02とは 無関係の 1997年の めずらしい DOHC 20VALVE intercooler TURBO
DSC_7549.jpg

昔 所有してて 高速でブローした ダンガン550 ほど 強烈中間加速では ないですけど。
DSC_7550.jpg




スポンサーサイト

M3 だらけ?

たまたま BMW が


ちょっと車検日経過しちゃった! CSL から 真面目に仮ナンバーで陸事へ

DSC_7449.jpg

険の 後 オプションのBBSに Michelin Super-Sports 装着 でしたが 

SuperSportsのサイズ落ちで Sports-4S に 変更 でサイズは同じに 

期待のキックバック 不変 S-Sports も 名称はすごいですが しなやかでしたから。

DSC_7482.jpg ぶっといです。
DSC_7477.jpg
DSC_7473.jpg

!cid_6D686F26-1FAE-4EB9-89DB-550CBCE655CC.jpg

BMW 135i ABS(DSC) 警告灯 

メーター及び Naviディスプレーが繁華街状態ににぎやかに点灯!!

たぶんABSですが ABSのコントローラとポンプの故障とがあるようです

一応ディラーさんに聞きまして ユニットAssyで32万!工賃別ですよ  だめもとで

全輪のABS(エアー不足も回転差チェック)センサー洗浄・フリュード交換&バッテリー電源切って放置
だめもとでした

あきらめて作業スペースが狭少で フリュードの配管が邪魔なハイドロユニット外します

その時リザーバー内フリュード完全に抜いとけばABS外してもほとんど出ません。

場所が場所なんで、とりあえず配管1本々 残フリュード バキュームで吸入しましたが


分解しまして ポンプ プランジャー系・OリングはHazukiルーペで目視チェック 綺麗 です。
DSC_6541.jpg

モーターも分割したユニット中央奥の電極に通電し回しチェックで 元気にOK 
DSC_6654.jpg

という事はコントロールユニットみたいです が ¥245,160!のプライスです。
DSC_6648.jpg
端子間を細かく導通の確認しましたら ビンゴ!!

しかし内部基盤-補修は私には見えない=出来ない お客さんの顔みたら新品買えない
電子屋さん頼りです

一応完了点検し 狭ちい場所に戻して試乗したのですが盛大に警告灯大会状態!?です

ユニット交換せずに現物品を戻した場合コーディング不要では??...........。


と1日置いたら警告灯は CPUが、やっと気がついたらしく、きれいに掃除されてました 

その後1週間+預かって順調  完了。


BMW 2002 Ti Tii 

DSC_6391_085.jpg

UP:Ti  Low:Tii 両車 いつもの陸運事務所 持込・・結構大変

Tii はインジェクションですが CO9%!インジェクション系の調整ではあまり落ちず

点火・タイミング・他調整で何とか3%台に

Ti は更に排ガス CO・HC過大! さらに ブレーキ引き摺り!で 両方共 O/H です 



排ガス 不良で、やはり 外見も汚れてる Weber 分解 チェックに フロート系に異常が

リンケージもちょっとXX ガスリーク も 多々
DSC_6384_070.jpg

で なんとかゴキゲンになり 排ガスも良好になりました
DSC_6385_070.jpg


Ti ですから少ビックキャリパーです 洗浄O/Hでいけるかと思ったら 8ッ個のピストンのうち

3個しか抜けず キャリパー分割しなければ 5個は超ガンコに 噛り付いてまして やはり全分解

となりまして 鋳鉄キャリパーは剛性もあり好きなのですが メンテはかかせません。
DSC_6388_070.jpg

Tii の キャリパーは以前に純正新品に 交換でした。


E30 M3 シリンダーヘッド O/H

排気ガス 異常で入庫 水蒸気? コンプレッションは4気筒とも揃っててOK

平均的な スラッジ・カーボン積もってますので とりあえずヘッド開けてみます



DSC_6055_065.jpg

全バラにしチェック ブロック・ヘッド面 ストレートヘッジでチェック 歪み無
DSC_6062_055.jpg

ここも平均的汚れ ピストンヘッド・燃焼室のカーボン洗浄 シリンダーボア チェック
DSC_6094_065.jpg

バルブ当り面は少スラッジ跡有で 研磨 1,3mm巾位で摺合せ ステムシール交換
DSC_6101_065.jpg

以前に交換されてる感じのヘッドガスケットきれいですが 水ホール部1箇所だけ怪しい
DSC_6104_065.jpg

純正ヘッドボルトではネジ部長さ不足で規定トルクまで締めれず APR等かな~

と思案してたらドイツの某ターボ車の純正ボルトがネジ部6mm長く ピッチ1,5ですから

4回転稼げる しかもトップが外12角ではなくトルク駆け易い内12角で

径も同じでキッチリ規定トルクで締めれました。

(他の車もヘッドボルトはプレートタイプレンチで確実に締めるとほぼ伸びます・故再使用不可?)

組み上げ後 排煙無く快調ですが やはりブロック側も 開けたい