スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/14 アイドラーズ


Sierra-Cosworth 2回目のサーキット走行です
http://www.youtube.com:80/watch?v=sMatpUQRbOQ
DSC_0053_040.jpg
前回のGAZ-サスKit、どうにもトラクション得られず、一回走行のみで止め、色々物色してた所
BILSさんが当方の希望Specでワンオフ製作を受け入れていただき、走行4日前に完成-装着!!
Shock馴らし-ツクバ迄走行のみ&セッテングもそこそこで、S/Pレート低く多ロール?以外ほぼGood
ダンパー減衰も良くこれから次戦に向けて煮詰めます。(ストリートでは低高速共-満足)
DSC_0107_040.jpg
予選ではTea(1‘07”)のE30M3に煽られ恐怖で 譲って おります。
おかげで??タービン手前のEXマニ-スタッドボルト4本の内2本が脱落 ブースト上がらずやめ。
1‘09”84で総合4位クラス3位(又しても他クラス息子のインプWRXの1‘08”に負け!) 
teaはPP 黄M3Bは1‘08”3 初走行のM3Cは1‘15”0
DSC_0154_040.jpg
本戦グリット。今回はミラーとリヤスポイラーを変更
しかし帰りは自走なのでトラブル抱えて本心ドキドキの図
そのままの位置でスタート、その後6気筒クラスの最後尾より暴走?して来た、いつも04”で走ってる
銀M3C様にバトル2Lap位遊んでいただきまして、オルタネーターB/Kのクラック音がひどくなった所、ミラーを
見ると、後続車が全く見えず6Lap以降5速も使い労わり、終了までタワーの周回数を見ながらの
ドライブ? で 終了。 《リザルト》 総合6位クラス3位-一応トロフィ頂きました
teaE30M3総合2位クラス1位(1‘07”73) 黄M3B総合3位クラス2位(1’09”1) 
青M3C、黒E30M3も完走
当店関連6台 ノークラッシュで(他クラスで多重クラッシュ-、ドライバーは無事でホッとしました。
私達の次ポルシェクラスの時豪雨でまともに走れずお気の毒です) 無事に帰途。
スポンサーサイト

M3Bにツズイテ M3C サスペンション 


車体色に合わせた?サスKit
DSC_0056_040.jpg
トップマウントがボディカラーにマッチ?Fr-8k直巻 Rr-6kプログレッシブで共に250mmロングハイトのS/P
全STDでもっと乗って欲しかったのですが、古~い新車時からのダンパー(外してみたら未だ生きてた)
では不安要素が と!云う事でリーズナブルにこれになりました。
アライメントはFrキャンバー-1°30‘トーインOut20‘と標準的DSC_0060_040.jpg
ホイールはFRともBBS-RS 8j-17 タイヤはM3CオリジナルサイズのRE01 共にUsed
DSC_0037_040.jpg
&M3BからM3C用に6-2-1集合部.他を改変したウチのキャタライザー内臓の軽量SUSマフラーDSC_0035_040.jpg
&定番のフルバケ、Momo07ステアリングを装着させていただき、更に前後パットもグレードアップ
近々Fiscoにてインプレしていただきます。

M3B サスペンション M3Cにツズク


M3B の サスペンション仕様変更です、1年くらい?サーキットで乗り易さを重点に
オーナー様にメインのGT3と初BMWの特性差を感じを、味わって欲しく....?
(ノーズダイブがし易く、、プッシュアンダーが出にくく、オーバーステアわかり易く)
つるしのダンパーsetを S/Pレート20~30%UP、前傾ライドハイト、対地とり易いアライメント、
追加可能程度の車体剛性UP?ラジアルからSタイヤ故にサイズダウンの225巾で..が.いままで仕様。
今回
Fr16k、Rr18kのショートハイトS/Pに合わせダンパーレートを変更(減衰力データーはメーカーの秘だって)
S/Pは初期縮数mmから98%のレート確保安定したレート維持する(メーカーの伝)に変更。
タイヤが太くなるのでクリアランス確保でID65から60φとリバウンド確保でヘルパーS/P前同
車高全体下げ、ほぼフラット、ホイールは8jのまま、A050-245サイズのSタイヤ、
To-In キャンバー(もっと付けたい が)は少変更
ロールとストローク量ステアリング感覚が変わるので、サーキットでは楽チン ? でも奥が深いと思います。
走行後 後 の課題です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。