スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空冷911 定番オイルリーク


5万弱km・15年目にして、993RS タペットカバーよりオイルリーク
スルーボルト等 他はOK
DSC_0696_060.jpg
E/G 下へ少ずらしてプラ製カバーのシールP/K交換
(先週実施した964前期はマグネシュウム 後期はアルミ製)
開口時-画像忘れた...先週も!...生意気に1眼レフで撮ってるから油まみれ時忘れる。
DSC_0700_060.jpg
右=旧 左=新 大分 高さ痩せてます
DSC_0659_045_.jpg
この角度で見る上の964跳び目(背景がキレイならモット分かりやすい?)
ノッペリ993対比 おもしろい
右奥のSR311 Tuned-E/G(CR:12+ ハイリフト320°素材加工カム)調整難儀中
スポンサーサイト

ワンオフ 倒立ダンパー

画像 004_060
国産車
画像 006_
多々ダンパー市販されてますが、ほとんどカートリッジなので
スピンドルを現車の使用しシェルケースから製作していただき倒立タイプと成りました。
倒立なので減衰アジャスターが構造上少々無理がありますが正立であれば別タンクも付保可
オーナーインプレッション ”超しなやかフィーリング 今までのShockは??みたい”

猫 !


猛暑の中
裏の車間スペースで、御出産!育児 授乳中 チビ3匹(3色-ボディ)も居る....無許可...
DSC_0681_050.jpg
写真撮ってたらオッカサンにガン見され...野性(のら)眼光も精悍で負けタ、で猫=苦手

M3C 


BMW M3C 96y アルミドアー 色々セットアップで入庫いただいたのですがボディがなんか変??
側面触ったら鮫肌よりペーパーヤスリ状態ザラザラ、画像はトラップネンド3回施工後!全然不足!
モール凹部、各隙間 まんべんなく鉄粉 どうするべ!
DSC_0685_045.jpg
ドアー開口部も含めボディ全体きれいなエストリルブルーに錆コーティング?
DSC_0693_045.jpg
これ!Carbonelorraineパット装着後5000kmだそうです、RC5材ですから
選択違いではないと思いますが、パットはほとんど磨耗せず M3C 2ピースローター
が、激減り!パットダストでは無くローター錆ダストでした!!!馴らし不足ですかね?
DSC_0683_045.jpg
ホイールも鉄粉取1回ではこんな程度 裏は錆の壁
DSC_0692_045.jpg
上記とは別 ヘッドライト分解清掃 
ボディ錆取、含め他々オーダー(サーキット走行スペック)いただいてます。お時間下さいませ。

R180 LSD オーバーホール


ほとんどオープンデフになり下がった..インプレッサGC8-Vr4-Ra-R180デフ+LSDのOH
DSC_0687_045.jpg
日産(栃木富士製)車のR180と同じなので、フリクションディスク&フリクションS/Pを
Nismo-パーツで組みます、1.85㎜スプリングプレート(単品で買えないSTi
D/Fに入ってる)が入ってるので、RS610x2枚 とE4610x2枚 程度で入れ替え
DSC_0689_045.jpg
全O/S等交換し組上がり,もちろんLSDケース内の各ディスク当り面のバリ等を修正
DSC_0690_045.jpg
ピニオンシャフトFrのO/S交換したので,狂った?バックラッシュは12/100 適正内でした完了し車載。
イニシャルトルク計測値-17キロ 馴らし後オイル(ブレンドして貰ったV-80W140)交換し再測定です。

F348GTB リヤ ストラットバー

F348GTB1008 (5)_045_080
E/G コンポーネント脱着時 ストラット間に少々剛性不安感が在りましたので
デザイン、見た目より,シャーシ加工せずに剛性能のみで製作させて頂きました。
F348GTB1008 (7)_045_080
2箇所だけ!8Φ穴を開けさせてもらいハイテンションボルト+セルフナットで
シャーシマウント
F348GTB1008_045_.jpg
しつこい?剛性追求で1ピース構造
何とかエアーボックス&リヤーカウルクリアランス確保しストレート厚肉オーバルスチール製です
オーナー様の印象が楽しみ?

Porsche 964 Carrera 2


何十年ぶりに見た100% ?オリジナル な964 Carrera 2、ワンオーナー車。
ペイントを始め,定番のミラー,16インチホイール,ステアリング,ステレオ,シフトノブ、シート
車高と勿論タイヤもN3です!...他多オリジナル。91年から19年も生きてて奇跡!?
DSC_0660_070_.jpg
やっぱ、モデファイ車大多数の中オリジナル車,私には新鮮?です!
DSC_0656_055.jpg
リフトアップしたらダンパー&S/Pまで純正の最近交換した新品でした。
さすがにドライブブーツは少ヒビとシフトリンケージブッシュはガタ有り 交換
E/G、G/B共オイルリークも見られず維持すべくHIVI基油(フルシンセオイルよりシール攻撃&浸透性の低い)
オイルに交換.もちろん高レブも万全...品質の良い鉱物系も空冷E/G車にはGood

ただ後輪用高荷重&排気管に近い過熱対応用BS-Nタイヤのウォールの固さには閉口.....
この頃の高剛性モノコック維持とスムースドライビング確保のため 要対策!

Ferrari F348GTB タイミングベルト


大分以前の355以来,久々のタイミングベルト交換に伴うウォータポンプ,テンショナーB/G交換です。
F348も E/G G/B サブフレームごと,Porsche911用に作った台に降ろします。
DSC_0627_045.jpg
911用の台では過加重-調整ジャッキ追加、V8右バンク①番のTopを出し
通常どうり Tベルト,W/P,B/G交換(前回交換後8000km走行!だって)
この348どこ見ても異常に綺麗(外したpartsも)=故に傷付けると?即....バレル
メインフレームにドッキング時 911より多少アジャストに時間掛かります。
DSC_0646_045.jpg
サブフレーム脱着したので,アライメントチェック、Frは無関係?なのですが
前後共、随分(20mm)S/Pにプリ掛けて,全長側でハイト下げてるのが??なので..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。