Lupo GTi タイミングベルト 交換



79000km 走行 タイベル交換時期かな? 

右マウント外さないと ベルト取外し出来ません

E/Gハンガー有るのですが 両フェンダーがアルミなので 使わず

つっかえ棒&パンタジャッキで 交換部-位置に 上下調整 

DSC_1703_045.jpg

一応 TOPでマーキング

DSC_1705_045.jpg

左右カムプーリー 8mmS/Fでロック

DSC_1708_045.jpg

いつも自動テンショナー以外は張調整 時間かかるのですが パーツ内に取説が

しかし この位置では 張が弱く もう少し 張気味にセット

DSC_1712_045.jpg

交換部品一覧 W/P 各B/G ベルト プーリー割れも、オイルリークも無く 

全く良好コンデション

やはり 一般道路使用であれば 十万km OK? ベルトは保険ですね

Tベル-トラブルでバルブ破損 したら VW 個別部品 買えないし

クランクプーリー超固締りでした3基のインパクトで廻らず 一回限用?SST作った!
 

スポンサーサイト

S30Z CDi つづき 後 KPGC10



MDi で 色々 試したが・・・・・結局

CD1200・Lumenition無接点・パワーエキスパンダー・Zコイル 装着 

電流タコメーター不動で エレキの無知識が表面化 使うのが大変な 

デジ-テスターから再勉強! コイルの一次抵抗を適正化の意味 

電流タコの動作理論.....PE3 一つ焼損?し...勉強代?

等々だい~ぶ時間かかりましたが 追 重く疲れの リダクションセル も O/H 

L24改 トルク加算 成功!! オーナー様 お待たせでした。

DSC_1697_055.jpg

うしろに GT-R 待ってくれて ます

FORD Escort Cosworth



新車?みたいな コンディションの T25 ESCORT(1995年!) 検査

DSC_1649_045.jpg

他々 良好状態ですが、ターボより戻りウォータラインとアルミヘッダータンク

パイプ径差-部 により 少し冷却水リークで フィティングを 鉄&SUS で製作

(ポンコツ旋盤故 多々時間 消費!のわりには イマイチ 格好・・・)

Sierra 2WDの USA-B/W製 T5-G/B に対して UK製 4WD G/B

は シンセ70w90 では 冷間時 シフトフィールが重い?ので 試作シンセATF注入

大分 スムースに なりました  が 

T5の油量2.55L に対してMT75は1.2Lと非常に少ないE/G含め各部油量少な過ぎ

1.6万Mile走行で 大分黒化?の P/S オイル も このオイルで 交換