スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sierra メンテナンス 続き の つづき



メンテ続きで オイル抜いたところ ドレンボルト 緩み方 変?

アルミオイルパンのネジ山半分ボルトが持って来ちゃった!ネジ山半分残ってるので 

DSC_2952_095.jpg
純正ネジ下16mmドレンボルトを ネジ下30mmボルトで加工製作

頭19角のセンターに画像左のCB(キャップボルト)が潜り込む様13Φ穴深さ10mm切削

その奥貫通するまで CB用M8-P1.5でタップ切り 先端の吸い口を テーパー仕上

DSC_2946_095.jpg

このボルトをオイルパンにデブコンで固定 今後オイルドレン時は CB で 

ボルト切削-奥側の仕上げ荒いので Oリング+カッパワッシャ で リーク防止

スペアオイルパン有るのですが 苦肉応急.....3時間も経過 仕事-遅え!

さらに オイル抜け切るまで リフト傾け 一晩置き です

DSC_2966_085.jpg

と’こうなって、とりあえず 脱落!防止ワイヤロック(捻り過ぎ弱強度)で 終了?

DSC_2968_085.jpg

だけじゃ 済まなかった ロッドエンド・がた 更に ラックブーツ・割れ

P/Sオイル漏れ→ラックO/Sも!か!

DSC_2971_085.jpg

UKフォード-Parts この辺は とりあえず 在庫 有り マス 




スポンサーサイト

FORD Sierra Cosworth

  DSC_2936_090.jpg

久々 の シエラ2台まとめて?の フュエル系 メンテナンス

上の奴は 燃圧 低過ぎ レギュレター調整で 3,0berに 

アイドル~高レブまでいい感じですが 始動性 イマイチ.....

下は 燃ポン交換して数年ですが-変? 燃料タンク内 セパレーター汚染ぽい

早い話が 乗らな過ぎ! 燃料全抜き-交換 洗浄し 絶好調!

E36 M3B マフラー交換

以前にワンオフ製作した マフラー 排ガスはクリアーしてるのですが 車検不可

DSC_2900_070.jpg

エキマニ部も少しガス漏れしてたし マフラーハンガー・ラムダセンサーも一挙一新

一時 全STDに

DSC_2898_085.jpg

超重い純正マフラー(+30kg)

更に 吹け上りシャープさ 半減....高音域 サウンドも......

W210 A/C 修理

今年の夏も 多々エアコントラブル 暑さボケで画像撮り忘れ やっとブログ再開です

下画像コンプレッサー高圧接続部(2回クリックで拡大)汚れ ロックしてました 

E320では珍しく持ち堪えてくれまして 9万kmで、初のエアコントブル

DSC_2905_085.jpg

交換パーツ

DSC_2924_085.jpg

交換したオイルまみれの純正DENSO コンプ レシーバー エキパン 各Oリング ベルト

DSC_2930_085.jpg

洗浄もあり 少し長めの真空引き 後 ゲージチェックしながら 長時間放置

DSC_2926_085.jpg

冷媒900g位 入れた所で吹き出し口 6℃ 完了 

コンプレッサー他 位置は比較的 楽でしたが エバポは怖い 壊れません様に


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。